また憂鬱な時期がきました。

ご近所さんは何もかわりません。

風の強い日には、いつもの葉っぱが山ほど我が家に舞い込んでいます。
ゴミまで一緒に。
目の前で見ていても知らん顔をされています。

今年はそれだけではありません。
昨年の台風でこのお宅の小屋の屋根が壊れ、
はずれかかり、パタパタしています。

我が家にも飛んできました。
とても危険です。

普通なら台風の後、見回るはずですが
知らん顔をしています。
気が付かないはずはないです。

音もパタパタうるさいし、明らかに近所に迷惑をかけていることも
分かっていると思います。

もし、パタパタしている屋根が
近所に飛んで被害を与えたら?

この家の御主人は
どこかで災害がおきると
すぐに飛んでいき、復興応援と称し、色んな催しやボランテイアをされています。
ELFADSC05618_TP_V

近所で事故があると
すぐ走って行き、協力します。

でも、自分が加害者になることは平然としています。
このギャップは何でしょうか。

つい心の中で呟きます、
「この偽善者め」
笑ってしまいますが、事故になったら笑いごとではすまないですね。