コロナがなかなか落ち着きませんね。

海外では、変異したコロナウィルスが更に感染力を強め
広がっているとのニュースがありました。

次々とウィルスが戦いを挑み、
まるで人類を絶滅させようとしているようです。

こうやって、過去の文明や絶滅した生き物たちは消えていったのでしょうか。

大地震や津波、豪雨水害も続いています。
現代の人間達は、まさかこんな体験をするなんて
誰も思っていなかったことでしょう。

平和ボケという言葉がありますが
確かに「自分の生きている間はそんな事は起こらない」と
他人事の様に自分も思っていました。

過去の世界で起きた失敗を人類は二度としないと
子どもの頃は、信じていました。

それは違いました。
人間は愚かだと知りました。
そして愚かな人達の力が強いという事も知りました。

今、人類は一つになって
地球環境を守る事と同時に、コロナウィルスと戦う時です。

人間同士で争っている場合じゃない。

でも、そんな当たり前のことすら
わからない人たちが
権力を握っている。

人類には知能があるのですから
頭と技術で闘えるはずです。

それをやろうとしない国があるのは何故でしょうね。
kazukiphotomon07_TP_V

ある人のブログにこんな事が書いてありました。

「年末に実家に帰ろうかと思ったが
コロナを運んではいけないのでやめようと思った。
でも、友人が、インフルエンザよりましなんだから大丈夫だと
言うから、やっぱり帰る事にした」

この方は、東京在住で、持病を持っておられるそう。
実家は大阪。実家には、高齢で持病持ちのお母さんが1人暮らし。

お正月を一緒に過ごしてあげたいというのは
とても良くわかります。
自分もそうだから。
でも、もし、自分が親に感染させたら?
自分も若くないし、重症化するかもしれない。

そのリスクをかけてでも帰る必要があるのでしょうか。

「自分に限って大丈夫」はありません。

インフルエンザは、ワクチン、薬もあり、
医療崩壊しませんし、重症化も誰でもするわけではなく
感染したら隔離する事もありません。

罹患者数だけで比較するのはどうなんでしょう。

コロナの怖さは、まだ研究が進んでいないこと、
感染力が強い事、誰でも重症化する可能性があること
後遺症が残る場合があること、
肺炎、血栓ができやすい事、
こんな恐いことが自分に絶対におきないという保証はないのです。

マスクをするな、とかコロナは存在しないなどの
陰謀説を訴える集団もいますが
もし、自分が感染し重症化したり
後遺症が残ったり、家族や職場の人に広がっても
コロナを否定するのでしょうか。
御世話をする医療関係者の方の気持ちを
想像してみてほしいものです。