コロナ禍ということもあり、
最近少し寒くなってきて
外出するのが億劫になってきました。

ただでさえ、冬季鬱というものがあり
冬になると、気分が落ち込みやすくなるらしいのです。

これにコロナの恐怖が加わると
益々、物事を悪い風に考えがちになります。

最近は、人に会うのが億劫になってきました。
休みの日は、家で好きな事をしている方が楽しい。

何でしょうね、年々、人と話した後の疲労感が強くなります。

歳をとるとそうなるものなのでしょうか。

引きこもりになる人の気持ちが理解できる感じです。
PPW_akaikasatonihonteien_TP_V

気が付いたら、家族以外の人とあまり話していないとか
家に居る方が楽で、外に出たくないとか
外に出ても、早く帰りたくなるとか。
そういうの、引きこもり予備軍なのかな?

本人がそれで幸せならいいんじゃないかと思うのですが。

自分は、この状態は永遠には続かないと思います。
コロナが落ち着いたら、旅行をして遠くに住む友人に会いに行きたいです。

今は、それを楽しみにじっとエネルギーを溜めているという
感じですね。

今しばらくは、引きこもりを楽しむつもりです。