Mama Club

日常の困った事、疑問に思った事や色んな体験談を呟きます。ペットロス中です。

つぶやき

今日は、れいわ新選組の、ALSの舩後さんと重度障がいの木村さんが、初めて国会に登院する歴史に残る日です。

2人のお陰で、色々障がい者に対する法律の不備が見えてきました。

それに対して反論もでています。

松井知事などの意見に対して、山本太郎は、
「障碍者権利条約がある。法律よりも強いもの。それを守るべき。昭和のおっさんのメンタリティをいつまで引っ張ってくるんだ。という話です。」
「残念ながら、松井さんは、時代も変わったのに、アップデートされていない。~
会社の経営者ならそういう考え方になるのは仕方ないでしょう、でも政治は違います。政治家にむいていない方もいます。小さな政府の中にいると言えますね。自分はもっと大きな政府の中で考えていきたいのです」みたいな事などなど…

はっきり言ってくれる山本太郎。わかりやすく、すっきりします。
PAK85_kokkaisyoumenmidori20140905_TP_V1

彼の活動はずっと見てきました。1人で毅然と戦う姿、国会ではっきりと意見を言う姿、それは確かな資料を基に、堂々としていました。でも、小馬鹿にした対応でまともに答えない大臣たち。
ぐだぐだと話をそらして答えにならない総理。

彼の質問する場面はなるべく見るようにしてきました。

彼は孤独に見えました。誰か彼と一緒にやってくれと思っていました。
自由党と一緒に頑張っていたのは良かったと思います。
小沢さんや先輩達から学ぶ事も多かったことでしょう。

山本太郎は、毎日どこかの路上で必死に訴えていました。

選挙前だけ、立派な事を言いだす他の政治家とは違います。

選挙中の彼の活動は、いつものことと何も変わりません。

だから、誰かさんみたいに、人の書いた原稿をたどたどしく読む事もなく、自分の言葉で自分の知識と考えをいつでも、どこでも、どんな質問をされても、すぐによどみなく説明ができるのです。


ほとんどの議員が優雅に休みをとっている時、彼は毎年寒い公園で年を越すホームレスの方たちに炊き出しをしています。
古い動画を見ても、彼の行動は何も変わらず、全くぶれていません。

世間では、変人と思われていましたが、一番まともで常識的な人だと思います。
れいわ新選組を作って、多くの支持者を得て、やっと孤独ではなくなったと思います。

良かった。世間にわかってもらえた。そんな気持ちになります。

映画「新聞記者」にも描かれている様に、政権に立ち向かうことで、命の危険、いつ陥れられるかもわからない恐怖はないのでしょうか。命がけで政治を変えようとしてくれる太郎さんには感謝しかありません。

自分だっていつどうなるかわからない。いつ弱者になって誰かに助けを求めるかわからない。
そんな時、優しく手を差し伸べてくれる国であったらどんなにか幸せでしょう。
彼はきっとそんな国にしてくれる事でしょう。

私の知り合いに「障がい者なんて周りに迷惑をかけるだけだから、生まれない方が良い」と言う人がいました。
「あなたは、自分の子どもが障がい者でもそう言いますか?あなた自身が明日障がいの身になったらそれでもそう言うつもりですか?」と言い返しました。

でも、理解してもらえませんでした。この人も、昭和のおっさんです(笑)。

もっと人の立場にたって、物事が考えられる人が増えてほしいものです。





先日観たいと書いていた映画、「新聞記者」を観てきました。

これまで、SNSで色んな人の感想を聞いていたので、期待がかなり大きくなっていました。


感想は、一言で言うと、現政権に対しての怒りが増大し、何とかしなければ!という気持ちになりました。
フィクションではありますが、真実を盛り込まれている事は確かです。

実際にあった理不尽な事件、公文書隠ぺい、改竄、総理のお友達優遇、官僚の自殺、レイプ犯の逮捕取り消し,加計学園問題、などが次々とでてきます。

そして、これはどこまで真実なの?という思いが募ってきました。

恐怖というか怒りを覚える事がこの映画のメインとなっており、松坂桃李が熱演しています。

主演の女優さんも素晴らしい演技でした。

映画の中に出て来る大きな疑惑は、実際に聞いた事も記事で見た事もある内容だったので、これは真実だったのかな、いや映画だから違う?でも、ありえそうな話よねなど、色々と考えさせられました。

前川喜平氏や東京新聞社の望月記者の会談が場面の間に挟まれ、その内容は、よりリアルさを感じさせます。

映画と言っても、映像美や音響を楽しむタイプのものでは無く、冷ややかに淡々とストーリーは続きます。
権力を監視するマスコミには圧力がかかり、限界ぎりぎりで戦う記者。
新聞社のシーンになると、画面を揺らす演出は酔うのでやめてほしかったですね。

政治に興味の無かった人、若い人に観てほしい。今の政権の裏側でこんな怖い事が起こっていると知ってほしいと思います。

全く政治に無関心だった友人と一緒に見た人が言っていましたが、何も知らないので説明しながら観ていたら、最後の方には夢中になり、「こんな事がおこっていたんだ」と反応していたそうです。

この映画をきっかけに、少しでも自分の国の行先を考えてくれたらいいなと思います。
ラストシーンは意味深で、気になりました。
この続きは、私たちが作っていくのです。

結末を変えられるのは我々国民だけなのだと、皆に気が付いてほしいです。

選挙前に公開した意味もそこにあるのでしょう。勇気ある映画でした。

イオンシネマでしか見られないので、全国どこでも見れた訳ではないというのは残念でした。


もう一度観に行きたかったのですが、新聞社の場面が揺れて酔う為、ためらってしまいます。それがなければまた行ったことでしょう。あれが無ければもっと何度も行く人が増えたかもしれません。

次の楽しみな映画は、エルトン.ジョンの伝記映画「ロケットマン」です!

また紹介します。



就活の時期、最近の就活事情を耳にしますが、自分の時と比較すると大きく違いを感じるのは

「成績より人物重視」をする企業が増えている事です。
4963ec3e4150815426b43c989489b97a_t


近所に市役所にお勤めの方がおられます。

最近、体調が悪そうで、元気がないので声をかけました。

すると、「新入社員に悩まされている。鬱になってしまい精神科に通っている」と言うのです。

「有名大学を出た新入社員が、学歴で先輩や上司に対する態度を変えて来る」と言うのです。たまたまその方の部署に、そういった人が入ったと言えばそれまでですが、それでもありえない話ですね。

仕事を頼むと、期限がきてもやらない。注意すると「自分でやれば」みたいな事を言い返されるそうです。

「自分はこんな雑用をする為に就職したのではない。頭の良さを活かす為にもっとレベルの高い仕事をしたい」と言いだすのだそう。


上司であるご近所さんは、40歳。よくこんな年上の上司に対して、偉そうにできるなと呆れる。


親の教育からやり直すべきです。

人間として、マナーとして間違っていますね。


そう言えば、自分の知り合いにもいました。

大企業に就職した娘さんが、一年目に、「雑用しかさせてもらえない」と親に愚痴り、母親が職場に来て、上司に怒鳴り込んだという話を聞きました。


呆れてしまいました。

その他にも、有名大学で首席で卒業するほどの有能な子で、一流企業に入ったものの、やはり「自分より上司は頭が悪い、そんな人の指示なんて聞きたくない」と言いだし、人間関係がうまくいかず辞めてしまいました。


能力は高いのに、人間として未熟で、成長していない人が、自分で自分の人生をダメにしてしまうのは、もったいないと思います。

ブラック企業とか、上司の意地悪とかで、潰される訳ではなく、自分でダメにするなんて。


これは、子どもの時から積み上げていくものなので、「勉強さえできれば良い、将来は安泰だ」とは言えないという事です。一番は人間性。それが自分で自分を救う最大の武器、魅力になるのですね。




知りませんでした。

最近の就活事情。

少し前までは、新卒採用の場合、成績証明書、卒業見込み証明書、健康診断書が必要でした。


それを添えて、まずは書類審査。成績が悪いから落ちたのかなあなんて落ち込んだものでした。

axis319IMG_9919_TP_V1

今は、リクナビ、マイナビなどの就活サイトに登録をしてそこが窓口になっている会社が多いです。

登録する際、学校名や自己紹介などを入力するので、企業はそれで学生の情報を知る事ができます。

エントリーをして、履歴書と志望票を出して、書類審査となるようです。

成績とかその他の証明書がいらないのは、学生さんも助かりますね。

その分、応募書類の内容が重要になる訳です。

それにしても、成績より人物重視になってきたのは良い事ですね。勉強ができても、挨拶もできなかったり、高飛車な態度をとったりしては、仕事になりませんからね。


色んなアドバイスの本やサイトがあって、学生さんは必死でそれを参考にするあまり、ありきたりの言葉で志願理由などを書いています。それは、選ぶ方にとっては、うんざりするそうです。


こう書いたら馬鹿にされるのではとか、もっとレベルの高い事を書かないといけないのに、自分はたいした事を書けない、などと萎縮してしまうのではないでしょうか。


実はそれは間違いの様です。自分の事を素直に堂々と書く方が良い結果に繋がりやすいそうです。面接でも同様。


     
就活に関するアドバイス的な情報は沢山あります。

勿論、面接などのマナーについては、とても参考になりますし是非勉強した方がいいですね。


以前、小さいお店ですが、社員を募集していて、採用の仕事をした事がありました。

新卒と違って、アルバイト的な軽い気持ちで応募した人が多かったのでしょうか。
まともな履歴書を出した人はほとんどいなくて驚きました。

字が雑で走り書きみたいだったり、写真が無かったり、くしゃくしゃな紙だったり、良くこれで平気だなと思ったほどです。

そういう事を考えると、就活についてのアドバイス情報は大事です。

就活以外にも、一般常識としてマナーを学べます。


私の年齢ではもう今更な話ですが。これから挑戦する若い人へ、少しでもアドバイスができる様になりたいと思うのです。

昨日の続きになりますが、自己紹介の時、教科書通りに無難な事を言う学生さんが多い様です。


似た様な事を似た様な学生たちが、次々と話すのを聞く方も、苦痛な様です。


印象に残らず、結果は不採用。


こんな事、馬鹿にされないかなと思う必要は無いのです。素直に自分が好きな事、趣味、アピールするべきです。自分らしさを伝えないと、どこかのただの人にしか映りません。

(ああ、あの人ね)と思い出してもらえる様に、ありのままに自分を出した人が成功している気がします。

今、自分が学生で就活するなら、どう自己アピールをするかなあと考えて見ました。何か成し遂げた事も、たいした事もしてないなあ、何の取柄も無いなあと諦めそうになります。

自分で偉そうに書いていながら結局できないのです。いやいや、何かあるはず。自分探しは大事ですね。そして自分の好きな事に自信を持つ事が大事なのですね。



またやってしまった。

と言ってもこれはミスなのかただの勘違いか良くわからない。


老化現象なのか。コンビニで「おつりを貰っていない気がする」事が何度かあるのです。


財布をあけて、お金を置いて商品を貰ってお釣りを待っているけど「有難うございました!」と言われ、次のお客さんがレジに呼ばれるから仕方なくその場を離れるのです。

PAK83_500encointachi20140305_TP_V1

「お釣りはもらいましたっけ?」と聞くと「はい、渡しましたよ」と言われるのです。

スーパーのレジや他のお店ではこういう事はありません。


いつもコンビニだけなのです。

おそらく、店員さんの手続きの癖によるものでしょう。商品を先に渡し、レシートは渡さずに捨てる人もいます。先にレシートを渡してから商品を渡せば、記憶に残るし、間違いも無いと思うのですが。

今日は、お茶のペットボトルをプレゼントしますと言われ、レシートは引換券に使いますとの事で私は貰っていません。おつりが貰える金額をだしたのは確かです。

商品を先に渡されてから、「レシートは渡せませんので」と言われ、そのままでした。というかそんな気がしました。あれ。おつり貰ったっけ。と思い、立ち去らずその場で待っていましたが、店員さんはレジを閉めて次の客の相手をし始めました。

「お釣り貰いましたっけ」と聞こうかなと思ったのですが、以前も貰っていたのに勘違いした事があったので、とりあえずその場を離れました。

貰い損ねたとしても50円位です。

私の感覚では、おつりを渡す前に商品を渡され、プレゼントのお茶をどれにしますかと聞かれ、選んだお茶を店員さんが袋に入れた行為をおつりを渡す前にしてしまい、それで全て終わったと勘違いされたのではないかと思ったのです。

新しいレジスターなら、自動でおつりがガチャガチャと出てくるので、渡し忘れは気が付くはず。


コンビニのレジは手作業でお金の出し入れをするタイプでした。だからもし、私がお釣りを貰っていないと言っても、店員さんが渡しましたと言えば、その場では調べようがありません。

レジを閉めた時、お金が余れば渡し忘れたかもと思う位でしょう。

それとも、私はお釣りをもらったのに、その記憶が無いのでしょうか。財布には小銭が沢山あって、入れたかどうかは調べられませんでした。空っぽだったらすぐわかったのですが。


無意識にお金を受け取り、財布に入れていたとしたら、自分が怖いです。ライブのチケットをコンビニで受け取った時、2枚のはずが、1枚チケットを渡し忘れた店員さんもいました。


自分が気をつけて、ちゃんと確認しないといけませんね。話しかけられたり、気が散る事があるとそういった勘違いやミスを誘発しやすいです。

「何回観た?」という会話が飛び交う位に、大ヒットの映画。ボヘミアンラブソディ。

ミーハーであろうが、リアルタイムを知っていようが、どうでもいいんです。本当に良い映画なのですから。


私にとっては、昨年11月にポールが来日し、その余韻に浸る暇もなくこの映画が始まりました。


ビートルズファンとしては、クイーン?なんで彼等の映画で泣くの?と思っていました。


観に行くべきかどうかと迷っていたら、あちらこちらから「クイーンのこと、何も知らなかったけど素晴らしかった。感動した。」と聞こえて来るではありませんか。
ポールのファンの人が、日本公演が終わったポールロスを埋めるに充分だったと、クイーンで泣けたと語っていたのです。
それが昨年末。


残念ながら、うちの近くには、IMAXも応援上映も無い映画館ばかり。


うーん、音が物足りない!と思いながら、一か所、音響がましかなと思える映画館を見つけました。


他の映画館では聴こえない音が聴こえるので、そこには2回行きました。そのうちの1回は、4DXです。

アトラクション型上映です。座席が揺れたり、霧や煙、風、臭いまでしてくるやつです。


音楽映画で、4DXはどんな効果があるのか、ワクワクしながらの初体験でした。    


seat

部屋に入る前に、荷物をロッカーに入れるようにと言われ、飲み物だけ手にしてバッグはロッカーに。


おそらく揺れて荷物が飛んでしまうからでしょう。飲み物や食べ物は?と心配だったので、蓋をしっかりして、食べ物は少しだったので始まる前に食べてしまいました。


ポプコーンは買わなくて良かった。

開始前に、係員さんが回ってきてチェックします。

無意識にシートベルトは無いかと探す自分。どんだけ激しい動きを期待してるの?と笑いました。


最初に4DXについて説明があり、デモンストレーションがありました。


カーアクションのシーンがでて、それに合わせて動きます。


いきなりドーンとショックがあり、シートが激しく動いて驚きました。心臓に悪いです。

飛ばされそうでしたよ。カバンがあったらどっかに転がってます。
椅子の横に水のスイッチがあり、濡れたくないのでオフにしました。確か雨のシーンがあったなと思って。

酔いやすい人、心臓の悪い人は気をつけた方が良さそうです。

遊園地のアトラクションが苦手な人には苦痛かも。


私もそのタイプなので、一瞬不安になりました。


                               


↑このページのトップヘ