由紀さんは、術後2日後の診察を受け、
次はその1週間後の16日に通院しました。

病院には男性の医師が二人おり、
おそらく親子でしょうか。
最初の手術をしたのは年配の医師でお父さんの方でしょう。

産科は無く、婦人科だけなので
混んではおらず
似た様な手術を受ける人や
不妊治療、その他婦人科の病気で通う人だけなので
気持ち的には落ち着ける病院だったそうです。


術後の検診も年配の医師でした。
エコーで、子宮内にモヤモヤした影が見えると
言われたそうですが
もう少し様子を見ようということで
再び子宮収縮剤をだされました。

もうそろそろ通院は終わっても良いのではないか
と思っていた由紀さん。

仕事をしながら、主婦でもあり
子どもさんもおられるので
家族に心配かけないよう
通院を早く終えたかったそうです。

辛い気持ちは切り替え、
前を向いて日常を戻したいと。

しかもコロナ禍で、病院に通う事も神経を使います。

PP_aoiajisai_TP_V4


ところが、術後16日目の診察の日。

エコーを診ながら、医師に
「経過が良くないね。まだ中に残っているのかも。
このまま様子がかわらなければ、再手術になります。
手術代はいりません。来週の診察次第で、
どうするか決めましょう」

「このモヤモヤの画像が何かはわからないが、
j術後の反応で、一時的に新しい血管ができたりするから
それかもしれないし、残留物なら取り除かないといけない」
と言われたそう。

また全身麻酔で手術だなんて
嫌だなあと思った由紀さん。

また仕事を休まないといけない。

婦人科だしあまり会社に詳しく話したくない。

上司は無神経でお喋りな中年男性だそうで
普段から女性へのセクハラ、パワハラがひどく
そんな事まで考えて居たら
憂鬱になったそうです。