あるブログ仲間が、ブログの更新を止め休止しました。

毎日楽しみにしていたのにどうして?と聞くと
「同じカテゴリの人に絡まれるのが嫌になった」との事でした。

彼女の記事はそのカテゴリの中では上位でした。

彼女より上にいたあるブログを抜いてから
その位置は変わりませんでした。

そのあるブログを書いている人が彼女の記事に
絡みだしたそうです。

コメント欄は停止しているので

コメントが荒れるのではなく
その人のブログで

いちいち彼女のブログの内容を否定、批判するようになったそうです。

その人は、プロフィールでは中年男性。

ブログを読むと
「自分は成績優秀だった。有名進学校の出身である。
仕事も能力があり、それなりの位置にいる」という自己紹介に
何ページもつぎ込んでいました。

更に「顔もスタイルも良いのでもてる。」
「彼女は数人いたから、選べたけど、たまたま好みじゃない女と結婚してしまった。
失敗した。」
「ある日、突然妻から離婚を切りだされ、子どもを連れて家を出て行かれた。」

とあり、元奥さんの悪口を延々と書いてありました。

ブログですから
どこまで真実か、全て嘘かもしれません。
macbook1995_TP_V


で、この人が、自分がそのカテゴリ内で順位を抜かれて以来
彼女のブログに興味を持った様です。

彼女が何気なく書いた文章を
翌日自分のブログで取り上げ、馬鹿にし、批判する様になったそうです。
時事の話題を書いても、
「マスコミに騙されている」といちいち否定しています。


私も読んでみましたが
自分の考えが絶対である、
自分以外、特に女は無知という思いこみの強い人の様です。
仕事の事も、
部下がだめな人間ばかり、自分は数人分を1人でこなせるだの
自慢ばかり。
若い女子社員に人気があるとかまで自分で書いてます。

そんな理想的な人っているかなあ。
現実じゃなくて自分の理想を書いている?
と思いたくなりました。

そして、この人のブログには親衛隊みたいなメンバーがいて
この人が何を書いても
応援、ヨイショの嵐。

良くわかっていないのはこの人の方です。

人の考えは人それぞれ自由です。

ほっとけばいいのにと思います。

彼女は、この人のブログを無視していたのですが
同じカテゴリで順位が近くどうしても
目につくとか。
そして書くのが怖くなって
面白くないと言っています。

別のカテゴリにかえるとか
引越す事も考えたらしいのですが

何故、自分が動かないといけないのだと
馬鹿らしくなり
今、休んでいるとのこと。


ネトウヨってこういうイメージがあります。

根底には差別意識が感じられます。

そもそも。自己紹介がね。

そこまで自分を褒めるかな。

俺様は凄いんだ、皆俺様にひれ伏せろ。

という意識の強さから

自分の意見を持った女性などをみると

「女のくせに」「どうせ馬鹿なんだろう」
「俺様の凄さを見せつけてやろう」
と言いたくなるのでしょうか。

そういう事は、匿名のこういう場じゃなく
堂々と、お仕事で認めて貰ったらよいのでは?

いや、優秀でもてる人の様なので
充実した生活で心は満たされているはず。

こんなせこいことは、する気にもならないでしょうし
能力のある方なら忙しくて
人のブログを読んでいちいち意見するほど暇じゃないでしょう。
人気があるそうなので、もっと器も大きい方でしょう。

「もっと良い恋人がいたのに仕方なく結婚してやった」
と言ってた人が、奥さんから突然縁を切られ、孤独になり
さぞプライドが傷ついた事でしょう。

可哀想な人だね。

と彼女と話しているうちに、笑い話になりました。