はて、届け印はどっちだったかな?

2個あるうちのどちらかなのは確実。

これがわからないと、どの支払いも変更できない。

運よく、銀行の支店は近所にありました。

子ども自身に印鑑の確認に行くように言いましたが
平日は無理です。

その通帳を作ったのは私。
作った人が忘れたのに、子どもに行けと言うのも…。

本人じゃなくても印鑑の確認はできるのだろうか?
最近は、厳しくなっていますからね。
(昔は簡単でした)
で、ネットで調べました。


〇委任状
〇口座名義人の本人証明(免許証などのコピー)
〇代理人の本人確認ができるもの(運転免許証など)

があれば大丈夫のようでした。
MONACOIN621_TP_V


その書類を揃え、家にある印鑑を一応全部持っていき
銀行に行きました。

窓口でいきなり書類は出さず、
軽く聞いてみました。

「子どもの通帳なのですが、印鑑がどっちかわからなくなって」
と言いながら、通帳と候補の2つの印鑑を出しました。

すると窓口の方が、通帳を見ながら
カチャカチャとパソコンに打ち込みながら
2つの印鑑をじっと見ています。

笑顔で、「こちらを押印してください。」と1つの印を指さします。

差し出されたメモ紙に印鑑を押し、差し出しました。

画面とその印鑑をじーっと見て
「これですね」
と言われ、終了でした。


あっけなく終わりました。

何の証明も請求されずに、笑顔で調べて下さいました。


もしかしたら
銀行によって違うのかもしれません。

ある銀行は

未成年の子の通帳を作るにも
「本人が申し込まないとできません」と突き返され
家で本人に書かせるようにと
申し込み書を持たされました。


本人の字だとどう判別するのでしょうね。

今日の銀行は、
そんな事はなく、その場で作る事ができました。

これで、安心して口座変更の手続きができます。