「僕達は天使じゃない(We're No Angels) 」 は、古い映画ですが、今観てもとても面白かったので紹介します。

公開時、評価が高く観たいなと思っていましたが、それっきりでした。今はインターネットでいつでも好きな場所で観られる様になっていいですね。

古い映画を探し出すと、公開された年の自分の歴史と重ねてしまいます。
当時は、観たい映画があってもなかなか自由に出かける事も無かった状況で、あの頃の自分を色々思い出しました。


「僕達は天使じゃない(
We're No Angels
 

〇1989年制作 アメリカ映画 コメディ
〇主演 ロバート デニーロ、ショーン ペン

再びのロバートデニーロ。製作総指揮もやっています。

〇カナダ国境近くの牢獄に窃盗罪で入っていたネッド(ロバートデニーロ)とジム(ショーンペン)は、死刑囚のボビーが脱獄した時の流れで一緒に脱獄します。

ある小さな町に神父に成りすまして入りこみ、目の前のカナダ国境へ向かって逃走を図ります。

偶然別の2人の神父に間違われた事で、教会に住むことになり、神父として周りを騙しながらの珍逃亡劇が展開していきます。



ネッドが恋におちる気の強いシングルマザー役に、若きデミ  ムーアが登場します。ハッとするような美しさです。

逃亡劇なので、何度も万事休す!と言う場面やハラハラする場面がありますが、そこがコメディ。
何とかなっていきます(笑)
ロバート デニーロの演技は流石ですが、両手を広げてニコニコする演技が、先日書いた「キングオブコメデイ」と同じでした。
ああいう表情は彼ならではの魅力ですね。
ショーン  ペンもまだ若くて、おどおどした演技や純粋さが抜けない役どころが上手いなと思いました。
最初は頼りない窃盗犯だったジム(ショーン ペン)が、教会での生活の中、神父として振る舞っていくうちに人生の哲学に目覚めていく成長物語でもあります。

脱獄物の映画は、残酷でドロドロしたシーンが多いですが、最初に少しあったものの、そこまででは無く、ラストはほのぼのとしたものも感じさせます。
ラストがハッピーに終わる痛快ドタバタ劇でした。

香港映画で、同じ名前の作品がありますので、気をつけましょう。そちらも面白そうですが。