Mama Club

日常の困った事、疑問に思った事や色んな体験談を呟きます。ペットロス中です。

2018年07月

うちの家族の一人が、お腹を壊してからもうすぐ2か月になろうとしています。


最初は、何か悪い物でも食べたのか、突然の腹痛と水状の下痢から始まりました。

数日したら収まり、食欲もあったので、豚カツも食べていました。

が、また下痢がぶりかえし、揚げ物や油っぽい物は全く受付けられなくなりました。


好き嫌いもほとんどない、普通に良く食べる人だったのですが、腹痛が怖いからか食べる事が怖くなってきた様子。

しょっちゅうトイレに駆け込むというほどではなく、便意が来てもなんとか我慢はできるレベルのようです。

しばらく様子を見ましたが、良くならないし、体重も減ってきたのでかかりつけの病院に行きました。

医師は、お腹の触診だけで判断、「胃腸炎だね」「あまり物事を深刻に考えないで気楽にね」と言い、
”消化管の過剰な運動やけいれんを抑え、痛みを和らげる”薬と”腸の調子を整える”薬を10日分だしてくれました。


おそらく、長引いているので、ストレスが原因だろうと思われたのでしょう。

食欲が無いと言っても、体力が落ちて他の病気になっても困るので、とにかく何とか栄養と水分の補給に気をつけました。

胃は大丈夫だけど、無理に食べるともたれて腸まで悪化する様で、消化の良いものにしなければなりません。
   〇ご飯は雑炊やおかゆにし、卵や豆腐などを必ず食べる様にします。

   〇サラダは良くないので、野菜はスープに入れて摂取。
   
   〇魚(鮭、白身魚、)や牛肉の薄切りなら、良く食べるのでとにかくタンパク質を摂らせます。

   〇塩分、ビタミン、水分他の補給の為に、朝夕、必ず、例の野菜と鳥肉スープを摂らせました。


自分の為にもこのメニューは良かったと思います。

昼は、食欲がないので、ウイダーインゼリーやカロリーメイトなどを摂っていたようです。

腸に何だかの炎症があるわけですから、無理に何でも食べるという訳にはいかないだろうと思っていました。
意外だったのが、カレーやハヤシライス。カレーはお店の物は刺激が強くダメでしたが、家庭用の甘い物なら大丈夫で、食欲がでていました。

肉はひき肉にし、野菜もドロドロに煮てだすと、普通においしいと食べていました。

病院の薬を飲んでいる間は、少しづつ回復していた様でした。


ですが、猛暑でただでさえ脱水気味になる時期、下痢で水分がどんどん出ていくので、顔がやせてくるし、目に力が無くなってきた時は、心配になりました。

外に持っていく飲み物は、水。そのかわり塩分などの補給ができるタブレットを一緒にとるようにしていました。
ポカリなどの飲料は、甘味料で下痢が悪化するのと、味そのものが好みではないのでやめました。
どうしても飲む必要のある時は、薄めます。

その後、病院の薬が無くなりましたが、下痢は治りません。

再び病院に行くように言いましたが、本人は、このまま良くなっていく気がするから、しばらく様子をみると言い張ります。
私は心配で、早く通院してほしかったのですが、本人にしかわからない事なので、信じて様子を見る事に。


あんなに何を作っても「美味しい、お代わり!」と食べていたのに、苦しそうに少しづつ食べている様子は、見ていると悲しいです。痩せてくると、益々心配になってきます。

悪い病気ではないよねと心の中で呟くのですが、ストレス性の腸炎なら、それはそれで完治するのかどうか、いつまでこんな状態なのか、早く元の様に元気になってほしいと祈るばかりです。

毎日危険な暑さが襲っていますが、体調を崩しやすい時期ですね。

特に胃腸が弱る人、多いのではないでしょうか。ただでさえ、脱水になりやすい時期なのに、下痢になるともっと体調管理が大変です。

我が家でも、家族の一人がもう1か月もお腹を壊しており、下痢がなかなか治りません。食欲も無くなり、その上この暑さです。

病院で薬ももらいましたが、なかなか良くならず、心配です。

同じ悩みを持たれているママさんもいらっしゃるのではないでしょうか。

そこで、早く治す為にも、なぜ下痢になるのか、どうしたら回復するのかを色々調べてみることにしました。

______________________________________________________________________
  <目次>
    (1)下痢とは?
 (2)下痢になる主な原因
 (3)下痢をした時の対処法
 (4)下痢が長引く時のおすすめメニュー

______________________________________________________________________



 (1)下痢とは?

正常な形の便は、大腸で正常に水分を吸収されたものです。何らかの原因で腸に炎症がおき、腸の分泌液が増えた時や、腸の動きが過剰になり、便が速く腸内を移動する為に便の水分が十分に吸収されない時なども、軟便や水状の便が排出され下痢になります。

正常な便の水分含有量は70~80%で、それ以上になると泥状や水状の下痢便になるのです。

 (2)下痢の原因

〇ウイルス性
〇過敏性腸症候群
〇炎症性
〇食中毒
〇薬の副作用
〇大腸がん、大腸ポリープ
〇アレルギー
〇その他

などが多い様です。
お菓子や飲み物に含まれる人工甘味料も下痢を引き起こしやすいようです。

うちの家族の場合、最初に病院で胃腸炎と言われ、10日分の薬を貰って飲みました。少し回復したものの、薬がきれたらまた下痢になってしまいました。

泥状と水状の下痢が、1か月ほど続いています。
熱もなく、胃は異常ないみたいなので、慢性下痢となっています。悪い病気でない事を祈るばかりです。


(3)下痢をした時の対処法

〇水分補給
〇塩分の補給
〇薬を飲む(整腸剤や下痢止めなど)
〇食事を控える
〇病院で診察


薬に関しては、原因によっては下痢止めは飲まない方が良い場合があるので、まずは病院に行く事をおすすめします。

食事を控えるのも、早く腸が回復するので良い事ですが、長期になると栄養不足になり体重が減って体力が落ちてしまいます。

うちの家族も、食欲がすっかり無くなり、脂っこい物、揚げ物が全く食べられなくなりました。

サラダもダメです。食いしん坊だったのですが、すっかり小食になりました。

無理して食べても腹痛と下痢になるので、困っています。

家族が元気が無くなると、心配で何とか栄養をとってほしくなりますよね。

そこで、長引く下痢の時の食べ物について、調べてみました。

実際自分が作ってみて、好評だったメニューも紹介したいと思います。


(4)下痢が長引く時の食事

〇うどん、パン、白米が良い。ラーメン、スパゲッティはNG.
〇野菜、果物は煮るのが良い。生野菜、芋類はNG。りんご、バナナはOK
〇白身魚、鳥肉が良い。牛、豚肉は脂をとってひき肉に。
〇牛乳は控える。ヨーグルトはOK.
〇コーヒー、紅茶、コーラはNG。

私が作ってみて好評だったのが、野菜と鶏肉のスープと雑炊です。

冷蔵庫にある野菜で構いません(✖きのこや食物繊維の多い野菜は控えましょう。)


★作り方★
  ●玉ねぎ、人参、レタス、キャベツなど細く切る。
  ●鳥肉は、ささみ(胸肉でもOK)を小さく切る。
  ●豆腐は小口切り。
  ●野菜がくたくたになるまで煮て、だし、薄口しょうゆで味付け。
  ●最後に、細く切ったほうれん草や溶いた卵を入れましょう。

多めに作り、残った汁は次回雑炊にします。

同じ様な材料で、完熟トマトを入れて、コンソメスープと薄口しょうゆで味付けし、ミネストローネ風にしても好評でした。


見た目も色が綺麗で、鳥肉のあっさりとした出汁が美味しく、「これなら食べられる!」と喜んでいました。

タンパク質、塩分、水分他の栄養が補給されますので、お勧めです。

このスープを基本に、うどんやそうめんを入れたりしても良いですよ。

それでも、お腹の調子はまだ一進一退という状況ですが、少しでも栄養をとってもらい、家族としては早く元気になってほしいものです。


あくまで、我が家の場合ですので、正確な情報は、お医者様に相談されてくださいね。



個人情報の取得について

当サイト「Mama Club」を、利用者は匿名のままで自由に閲覧できます。
お問い合わせ等、場合により利用者の氏名、メールアドレスなどの個人情報の開示をお願いする事があります。
利用者の個人情報を利用者の許可なく、当サイトから第3者へ開示、共有する事はありません。


広告の配信について

当サイトは、Google及びGoogleのパートナーウェブサイト(第三者配信事業者)の提供する広告を設置しています。
広告配信にはCookieを使用し、当サイトを含めた過去のアクセス情報に基づいて配信します。Cookieを無効にする設定については、お使いのブラウザの設定をご確認ください。


Googleアナリティクスの利用について

当サイトでは、Googleによるアクセス解析ツール「Googleアナリティクス」を利用しており、トラフィックデータの収集の為にCookieを利用しています。
このデータは匿名で収集されており、個人を特定するものではありません。この機能はCookieを無効にすることで拒否する事ができます。


免責事項

当サイトのコンテンツや情報につきましては、可能な限り正確な情報を掲載するよう努めております。
が、誤った情報や古い情報が入りこむ場合もあります。
利用者が当サイトの内容により、何かしらの損害を被った場合でも、当サイト管理者は責任を負いません。
また当サイトからリンクやバナーなどによって移動された他のサイトの内容及び個人情報の保護に関しても責任を負いません。



 
 

 

↑このページのトップヘ