先日観たいと書いていた映画、「新聞記者」を観てきました。

これまで、SNSで色んな人の感想を聞いていたので、期待がかなり大きくなっていました。


感想は、一言で言うと、現政権に対しての怒りが増大し、何とかしなければ!という気持ちになりました。
フィクションではありますが、真実を盛り込まれている事は確かです。

実際にあった理不尽な事件、公文書隠ぺい、改竄、総理のお友達優遇、官僚の自殺、レイプ犯の逮捕取り消し,加計学園問題、などが次々とでてきます。

そして、これはどこまで真実なの?という思いが募ってきました。

恐怖というか怒りを覚える事がこの映画のメインとなっており、松坂桃李が熱演しています。

主演の女優さんも素晴らしい演技でした。

映画の中に出て来る大きな疑惑は、実際に聞いた事も記事で見た事もある内容だったので、これは真実だったのかな、いや映画だから違う?でも、ありえそうな話よねなど、色々と考えさせられました。

前川喜平氏や東京新聞社の望月記者の会談が場面の間に挟まれ、その内容は、よりリアルさを感じさせます。

映画と言っても、映像美や音響を楽しむタイプのものでは無く、冷ややかに淡々とストーリーは続きます。
権力を監視するマスコミには圧力がかかり、限界ぎりぎりで戦う記者。
新聞社のシーンになると、画面を揺らす演出は酔うのでやめてほしかったですね。

政治に興味の無かった人、若い人に観てほしい。今の政権の裏側でこんな怖い事が起こっていると知ってほしいと思います。

全く政治に無関心だった友人と一緒に見た人が言っていましたが、何も知らないので説明しながら観ていたら、最後の方には夢中になり、「こんな事がおこっていたんだ」と反応していたそうです。

この映画をきっかけに、少しでも自分の国の行先を考えてくれたらいいなと思います。
ラストシーンは意味深で、気になりました。
この続きは、私たちが作っていくのです。

結末を変えられるのは我々国民だけなのだと、皆に気が付いてほしいです。

選挙前に公開した意味もそこにあるのでしょう。勇気ある映画でした。

イオンシネマでしか見られないので、全国どこでも見れた訳ではないというのは残念でした。


もう一度観に行きたかったのですが、新聞社の場面が揺れて酔う為、ためらってしまいます。それがなければまた行ったことでしょう。あれが無ければもっと何度も行く人が増えたかもしれません。

次の楽しみな映画は、エルトン.ジョンの伝記映画「ロケットマン」です!

また紹介します。