出産後、くたくたの身体を休めることはできませんでした。

病室の目の前が分娩室。廊下はいつも灯りがついており、いつもバタバタと看護師が走る音がします。

部屋の窓がガラスでカーテンも無いので、夜は音と光で眠れないのです。

昼は看護師の出入り、赤ちゃんを連れて来て、母乳が出る様に定期的におっぱいをくわえさせます。

母乳のホルモンが出始めるのは、3日目くらいからです。

その前に、母乳マッサージをされましたが、乱暴で痛すぎでした。肌は真っ赤になり、傷ついてしまいましたが、気にもされず、毎日激痛に我慢しながら無理やりマッサージをされました。
そのまま赤ちゃんに加えさせる為、ものすごく痛いのです。
痛みと傷で、母乳を与えるのが苦痛になり、精神的な影響で母乳の出も悪くなるのです。

それでも、看護師さんは何もしません。
胸が張って、腫れてくると「乳腺炎になったら処置します」と言うだけで、防ぐ事はアドバイスもなく「母親なんだから耐えて当たり前」みたく、ひどいものでした。


この病院は、ここしか無いので混んでいて、サービスする意識も無かったのでしょう。

2人目の時の病院は、肌が赤くなるのを見たら、即、マッサージをやめてくれました。それに産後3日間は、疲れをとる様にぐっすり眠らせてくれました。
赤ちゃんの世話は3日間させず、4日目から母乳の練習でした。
マッサージなんてしなくても、たっぷり出ました。
お母さんは、出産で長い時間苦しみ、体力を消耗した後、すぐに赤ちゃんに母乳をやるよう病院によっては厳しく指導されるのです。

全然休めなくなるのです。
産後鬱は、こういう心身の疲労も原因になる気がします。産んだ途端に、お母さんなんだからと周りが急に厳しくなるのも問題です。


1人目の時は、何から何まで悲惨でした。

出産の時、遅刻してきた年配の助産婦さん、お昼の母乳の時間に赤ちゃんを連れてきました。
「はい、どうぞ」と差し出す赤ちゃんの顔が違いました。

え?なぜ他のお子さんを?と思い、戸惑っていると「何してんの、早く抱っこしなさいよ」と怒る助産婦さん。

「この子を抱っこするのですか?うちの子じゃないのに?」と言うと
はあ?と言ってから、名札を見て慌てて交換しに行きました。

こうやって取り違えられるのか、と思いました。新生児は同じ顔に見えるかもしれませんが、我が子は一度見れば、忘れません。

もし、これが産んだ直後なら、間違えて連れてこられても気がないでしょう。ぞっとします。

これだけでなく、その後、医師のずさんな処置が行われることになるのです。