続き

1人目を出産してから4年後に2人目を出産しました。

医師が言われた通り、あの症状から解放されました。子宮内の細胞が出産ではがれ、再生されたのでしょうか。運が良かったと思います。

もし2人目ができなかったり、何かの理由で産めなかったりしていたら、一生苦しんで生きていたことでしょう。
予期不安に付きまとわれ、精神もバランスを崩していたと思います。

それにしても、痛みの原因は、医師の処置が良くなかったようです。

ですから、2人目は別の病院で出産しました。

1人目の処置ミスとはどういうものだったのか、記憶をたどり説明したいと思います。


実家に帰省しての出産でした。
病院は母が決めていました。田舎なので産婦人科が少なく、一番人気のあるところにしていました。

いつも混雑しており、1人しかいない医師は多忙な状態。

私が産気ついたのは運悪く日曜日でした。2月の寒い日でした。

病院にいくと、病室に通され、陣痛に耐えて過ごします。
陣痛が強くなると、診察室に連れて行かれるのですが、暖房がついてないのです。お休みで。

薄い病衣を着せられて、寒くて震えていましたが、急に冷えたせいで陣痛が強くなりました。
電気もついていない診察室に1人寝かされたまま放置されました。

陣痛が強くなり、苦しんでいると、見習い風の看護師さんが来て慌てて私を分娩室に連れて行くのです。階段を下りたり、上がったりをさせられました。

陣痛室に寝ているとやっと医師が来ました。
そして診察して、「なあんだ、まだじゃないか」と怒っています。そして隣の自宅に帰宅してしまいました。

そしてまた部屋の移動をさせられました。

暫くして、破水しました。母が連絡し、また見習いの看護師さんが不安気に私を陣痛室に連れて行きます。そしてまた放置。

もう1人、看護師さんが来て2人で「どうしよう」と話しているのです。そして私に「本当に破水したのですか」と聞いてきました。
聞いても、何をするでもなくただ2人で不安そうに見ているだけ。

陣痛に苦しみながら、おいおい、何言ってんのと心の中で思っていました。

陣痛は進んでいきます。もうやばいという段階になっても、放置されていました。

自分で呼吸を整えていましたが、いきみたくなってきました。もしかしてこの何もできそうにない見習い看護師さんだけでやるの?ありえないよね。と思いました。

医師に連絡してもなかなか来ない様でした。休日だから安みたかったのでしょうか。
一度帰宅して寝ていたのでしょうか。

いきみだしたら、医師がやっときました。

髪はぼさぼさ、寝ぼけた顔に見えました。医師の指示でそこからはてきぱきと進み、無事出産しました。そこへ、助産師さんが走ってきました。
本来なら、看護師でなくこの人がいるべきだったのです。
「映画みていたのよ、お産はもう終わっちゃったの?間に合わなかったわね」と話しているのが聞こえました。私の処置もそこそこに、医師や看護師と映画の感想などを話しながらの作業でした。

いい加減にしろよという気持ちと、疲労でぼーっとしていました。

その後、この助産師はまた問題を起こします。          続きます。