Rが亡くなる前日、不思議な事がありました。


黒い猫が突然庭から家の中に入ってきました。


洗濯物を干そうと窓を開けたところ、飛び込んできたのです。


近所の猫が庭の塀を通り抜ける事はありましたが、見た事の無い綺麗な黒い猫です。


長い間住んでいる家ですが、これまで猫が家の中に入ってきた事はありませんでした。


窓の近くにRが寝ていたため、猫を外に出そうとしましたが、さっさと中に入ってしまい、すばしっこいのです。


Rに気がついても何の反応もしない黒猫。

猫が大好きで、見かけるといつも「ねえ、遊ぼう」と声をかけていたRでした。でもいつも「シャーッ」と睨み付けられて、がっかりしていました。

もう意識も無いRでしたが、猫に気が付いたらもしかしたら、喜んで反応するかなとも思いました。

残念ながら、何の反応も無く、猫がそばに来ても、寝ているだけでした。


黒猫をつかまえて、外に出しました。でも、また中に入ろうとします。「今はダメだよ。病気の犬がいるの。おうちに帰りなさい」と言って、猫を庭の外に出そうとしましたが、何回やっても、敷地内に入ってくるのです。

何故そこまでして我が家に入ろうとするのかなあと思いました。Rの存在が原因だろうと思いましたが、猫はRには何もしませんでした。
もし、臭いのせいだとしたら、他の猫も寄ってきたでしょう。黒猫は、Rの方を見向きもしませんでした。
つられたとしたら、ていない様で、無視していました。他の猫も寄ってきてもよいはずです。

黒猫をやっと庭の外に出して、猫はどこかにいなくなりほっとしました。
Rが元気だったら、歓迎したのですが。

その日の夜、激しい雨が降りました。

朝には雨は止んで、窓を開けると、庭の先に猫がいました。


塀の上で、雨にぬれたままこちらを向いてじっと座っていました。いつからそこにいたのだろう、雨に濡れて大丈夫かなと心配になりました。


まるでRを外から見守ってくれているかのようでした。


その日、Rは旅立ち、黒猫はいつのまにかいなくなり、それから一度も姿を見せなくなりました。

あれは何だったのでしょう。Rを天国に連れて行く使者だったのかなと家族で話していたほどです。