Mamaの呟き

        日々の困った事、疑問に思った事を初め、趣味、子育てやペットの介護体験談など色々と呟きます。


その後
、出血は無い日々を過ごしたそうです。
28日が診察予定日でした。

前日の夜、再び、塊が出たそうです。
小さい子宮からこんなものがでるなんてと
驚いたそうです。

でも、それはきっとHCG値の原因で
回復を遅らせている残存物なのでしょう。
どんどん出た方がいいですよね。
28日に聞いたHCG値は、98.6でした。
なかなか0にはなりません。

だらだらとゆっくり排出されるせいで
ずっと通院しなければならないし
絨毛がんや、絨毛性疾患の不安も残ります。

由紀さんの場合、侵入奇胎という病気、というか
合併症の心配が残っています。

気になって
ネットであれこれ調べた様です。

HCG検査は、妊娠検査だけでなく
悪性腫瘍を調べる腫瘍マーカーとしても使われています。
ダウン症候群出生前診断にも使われるそうです。
(これについては色々、意見があるようですが)

私も、この年齢になるまで
こういう病気や検査がある事を知りませんでした。

絨毛疾患は、胞状奇胎(異常妊娠)後の手術の後に
侵入奇胎や絨毛癌になる人もいるそうです。

流産や掻把手術後に、なかなか出血が止まらず、
HCG値が高い場合は、こういう病気を疑うという事です。

妊娠の残存物が組織に入り込み、
増殖していくというものでしょうか。

だから、抗がん剤で治療するのですね。
mitte624AB004_TP_V

流産とか、手術にしても
術後1週間ほどで回復するものと思っていたので、
こんな怖い病気があるとは
そして、この病気と戦っておられる人がいるということも
知らず、申し訳ない気持ちになりました。

由紀さんの体験を聞いて、自分の無知さに恥ずかしくなりました。

恐い病気ではありますが
きちんと治療することにより
ほとんどの方が治癒されているようです。

そして再び出産もされています。
ただ、そこまでの精神的な苦しさは本人でなければ
わからない事でしょう。

この時期、由紀さんもお母さんも、不安な気持ちがあったと思います。

もし、HCG値が上がってきて
抗がん剤治療となったら
まだ小さい子供さんもおられますし、
仕事のこともありますし
色んな事を考えたそうです。

長い入院生活、脱毛もあるだろうし
副作用も苦しいのだろうかなど
本当に若い方なので、辛いことだと思います。

ネットで検索した由紀さんは
「回復した人や自分と似た様な症状の体験談を読んで
心強かった。
自分の体験も、結果が良くても悪くても、
似た様な事で、悩む人の参考にしてほしい」
とおっしゃっていたそうです。



再び
、不安な気持ちになった由紀さん。

大きな出血が無ければ、1週間後にきてくださいと言われました。

止血剤を飲み始めると
ぴたっと出血が止まったそうです。

出血した方が、残存物を排出しそうで
良さそうだし、
生理がきたら、内膜と一緒に出るのではないかと
それまで、様子をみてはいけないのかを
再手術の前に質問したそうです。

医師は
「生理がいつ来るかわからない。それまでの間に
血栓ができる事もありえるので、危険です。
癒着してもいけないですし」と説明したそう。
ELL86_majyonokusuridana_TP_V

1週間後の5月22日が診察日でしたが
前日に大きなゼリー状の塊が出たそうです。
びっくりしたとの事。

きっとFCG値に影響を与えている残存物なのだろうと
思って、診察時に報告した由紀さんでした。

この日は、鼻炎がひどく、
止血剤と一緒に鼻炎薬を飲んでもよいのか聞いたところ
鼻炎薬をだしてもらえたそうです。

検査の為の血液を採って帰宅しました。

検査結果は翌日にわかるのですが
HCG値が高くなったりしたら
電話で即精密検査をするように言われるのは同じです。
不安な一日になります。

由紀さんは、ネットで、似た様な体験をした人のブログを
読んだり、絨毛の病気を調べたりして
自分の知らなかった怖い病気があること、
治療を頑張っている人がおられることなど
初めて知ったそうです。

病院から2日後に電話がきて
次は28日に診察となりました。
緊急な結果ではなかったようで、ほっとしたそうです。



翌日
、開院してすぐに病院から電話がきたそうです。

どきどきしながらとると
「結果がでました。先生から説明があるそうです。
いつ来られますか?」
と聞かれました。
「すぐ行った方が良いのでしょうか?」
と由紀さんが聞きます。

受付の人は医師に聞きに行きます。
そして
「いつでも良いそうですが、明日は来れますか?」
と聞かれたので、翌日行くと伝えました。

電話の感じは、
緊急を要する結果では無さそうで
少し安心したそうです。

翌日、由紀さんは病院で結果を聞きました。

今度も若い方の医師です。

HCGは、320。
本来なら0になるはずなので
まだこれだけの数値があるのは
色んな事を考えておかねばならないのでしょう。

でも、極端に高い数値ではないので
このまま下がっていけば大丈夫とのこと。

もしかすると上がっていくか、
下がらないまま維持する事もある。

その時は、前にも話した様に、
設備の整った病院を紹介するので
精密に検査をし、
抗がん剤治療になる事も考えておく必要があるでしょう。
と、また怖い事を言われたそうです。

この日は、紙に書きながら、説明をしてくれたとのこと。
flower458A6384_TP_V

その内容は、
❶HCGが陽性なのは、身体のどこかにHCGを作っているものがある。
    それはどこにあるのか?子宮内か外か?筋肉内か?
❷子宮血流が部分的に豊富(亢進)である。それは何故か?
    手術の合併症として~血管の異常?仮性動脈瘤か動静脈奇形?
    まだ妊娠組織が生きているのか?

とメモをし、図も書いてくれたそうです。

手術の合併症で、そんな怖いことになるなんて。
術後1~2週間で全てが終わると思っていたのに
と再び、不安になったそうです。

今後、HCGを定期的に調べていき、子宮の血管の状態も
診ていくことになりました。

だらだらと出血するのは良くないそうで
止血剤、トランサミンを処方されたそうです。





5月14日に医師から受けた説明とは
由紀さんにとって、とても不安になるものでした。

「HCG値の結果次第では、緊急処置が必要になります。
うちでは設備が整っていないので、
その時は、大きい病院を紹介します。
そちらで、精密な検査の後、治療になります。
抗がん剤を使う治療です。
HCG値が異常に高ければすぐ来院して頂く事になります。
結果が明日でますので、電話をお待ちください。」

と言われたそうです。

まさか、そんな事が。
思いもよらない事を言われて
動揺する由紀さん。

「まあ、滅多にない病気ですから大丈夫だとは思いますが」
と医師が付け加えても
結果がでるまでは、不安でたまらなかった事でしょう。
ELFA711005_TP_V

本来0であるはずのHCG値が、
ある程度の数値があっても、
下がり続けてさえいれば、
少しずつ、残存物は無くなっているという事で
気にしなくてもよいらしい。
だが、上がっていく場合は、何かが増殖しているということ。

それを抗がん剤で抑えるということらしいです。
抗がん剤という言葉が、ショックでした。
癌ではないが、薬はそれしかないと。

しかも、由紀さんの場合、子宮内に血流の多さを表す影が見えるのです。
それが何ものかがわからない。
単に血管が一時的にそうなる場合もありえるとかで
それもまだわからない。

その病院では、はっきり中の状態が見える機材は無く、
転院した場合は、鮮明に判別できる機器で検査をするそうです。

電話がくるまでの、恐怖感は想像もできないほどだったと思います。

私の友人である由紀さんのお母さんは
その話を聞いて、いてもたってもいられず
私に連絡をくれたのでした。





由紀さんは再手術後1週間経ち、診察へ。

今度こそ、もう大丈夫だろうと思っていたようですが
再び「経過がよくないですね。収縮が弱い様ですね」と言われたそう。

術後、出血が多かったとのことで
血液検査で貧血を調べると言われたそう。

この日も年配の医師。

再手術代は無料だそうですが
診察にも費用がかかります。

いったいいつになったら通院は終わるのか、と
仕事も家庭も気になる由紀さんは不安になったそうです。
PPH_kuri-muderaito_TP_V

また1週間後に来院する様に言われ、
5月14日に診察。
この日は、若い方の医師でした。

年配の医師と違い、説明がわかりやすいそうです。

カルテを見ながら
「再手術では、完全に取りきれなかったと書いてありますね」
と言われたそう。

そして子宮内はこれまでと変化無しで、
モヤモヤした影と、血流の強さを表す、
気になる部分があるとのことでした。

え?最初も二度目も下手だったってこと?
内膜を傷つけて、大出血を起こしたり
破裂などのミスがあってはならないので
慎重に手術をされた結果なのでしょうが、
由紀さんは年配の医師に対して不信感が湧きました。

そして、HCG値を調べる為に血液を取られました。
尿検査では妊娠反応で陽性がでたとのこと。
という事は、まだ残留物があるということを示します。

(HCGとはヒト絨毛性ゴナドトロピンと言い、妊娠中にのみ生み出されるホルモンのこと)


そして、医師から今後の治療について説明があったそうです。

その内容は、由紀さんにとって、とても怖く、不安になるものだったのです。


前回の診察から5日後の28日の診察の時も
「やはり、まだ残存物があるようです。
再手術しましょう」
と言われたそうです。

エコーでは、一部分にまだモヤモヤした影が映っていたそうです。
ここに何かが残っているのか
一時的に、刺激により新しい血管ができて
その血流が写っているのか、
色んな可能性が考えられるそうです。

「このまま生理で流れ出るまで
様子をみてはいけないのでしょうか」
と由紀さんは質問しました。
elly063003_TP_V

医師は
「放置すると、血栓ができたり
組織が癒着する事があったら大変なので
手術した方が安心です」
と答えたそうです。

3日後の5月1日に再手術が決まりました。

前回と同じ様に
午前中に手術が行われました。

最初は、掻把、2度目は吸引だったそうです。

ここまで担当したのは年配の医師だそうです。



由紀さんは、術後2日後の診察を受け、
次はその1週間後の16日に通院しました。

病院には男性の医師が二人おり、
おそらく親子でしょうか。
最初の手術をしたのは年配の医師でお父さんの方でしょう。

産科は無く、婦人科だけなので
混んではおらず
似た様な手術を受ける人や
不妊治療、その他婦人科の病気で通う人だけなので
気持ち的には落ち着ける病院だったそうです。


術後の検診も年配の医師でした。
エコーで、子宮内にモヤモヤした影が見えると
言われたそうですが
もう少し様子を見ようということで
再び子宮収縮剤をだされました。

もうそろそろ通院は終わっても良いのではないか
と思っていた由紀さん。

仕事をしながら、主婦でもあり
子どもさんもおられるので
家族に心配かけないよう
通院を早く終えたかったそうです。

辛い気持ちは切り替え、
前を向いて日常を戻したいと。

しかもコロナ禍で、病院に通う事も神経を使います。

PP_aoiajisai_TP_V4


ところが、術後16日目の診察の日。

エコーを診ながら、医師に
「経過が良くないね。まだ中に残っているのかも。
このまま様子がかわらなければ、再手術になります。
手術代はいりません。来週の診察次第で、
どうするか決めましょう」

「このモヤモヤの画像が何かはわからないが、
j術後の反応で、一時的に新しい血管ができたりするから
それかもしれないし、残留物なら取り除かないといけない」
と言われたそう。

また全身麻酔で手術だなんて
嫌だなあと思った由紀さん。

また仕事を休まないといけない。

婦人科だしあまり会社に詳しく話したくない。

上司は無神経でお喋りな中年男性だそうで
普段から女性へのセクハラ、パワハラがひどく
そんな事まで考えて居たら
憂鬱になったそうです。


由紀さんは、3月の初めに体調の異変を感じ、
月末に婦人科に行きました。

(詳しくは聞いていませんが、早期の流産だったそうです)

医師からは、掻把手術を勧められ、
予約を入れ、検査などを受け、その日は帰りました。

病院の都合や由紀さんの仕事の都合もあり
手術は4月7日になりました。

特に急を要する状態ではなかった様でしたが
手術さえすれば大丈夫との話だったようです。

朝、何も食べずに行き、子宮口を広げる処置の後、
全身麻酔で掻把手術が行われました。      014ELLY18420_TP_V

目が覚めるとお昼前には終わっていました。

看護師さんから「無事に終わりましたよ」と声をかけられ
まだ少し朦朧とした状態でしたので
お母さんに車で迎えにきてもらい、夕方帰宅しました。


子宮内に残留物があれば
血液と共に排出されます。
なお、異常妊娠(子宮外や胞状奇胎)では無いと
医師から言われたそうです。

子宮収縮剤と痛み止めが処方されました。

2日後の9日に診察を受けましたが
特に何も異常は無さそうでした。

収縮剤を飲んではいましたが
1週間、出血も少なく、
特に収縮の腹痛も無く、これでいいのかな?と思ったそうです。



久し振りに友人から話がしたいと連絡がありました。

まだコロナの事が心配でもあり、
外で会うのはためらいがありましたが
何となく、深刻な悩みがありそうな雰囲気だったので
夜、短時間でしたが会う事にしました。

娘さんの由紀さん(仮名)の話題がでました。

由紀さんはもうすぐ30歳になろうとしています。

結婚されて5年ほど経っておられます。


友人は、由紀さんの体調を心配していました。


由紀さんは、最近婦人科である手術をしたそうです。
術後の経過がよくなく、
重い婦人科の病気の疑いがあると言われたとのこと。

本人はいたって元気で
特に自覚症状も無く
大したことはないと思っていた様ですが
先日医師からそう説明されたとの事です。

あくまで確定はしておらず、
最悪の場合という話なので
大丈夫だろうとは思っているようですが

これから検査を続けながら、
経過次第で治療方針を変えるのこと。

なので不安になっているそうです。
KMajisainohanataba_TP_V


私も初めて聞いた話であり

女性としてこれまで
出産して、多少はトラブルに苦しんだけれど
それでも健康でいたのは奇跡なのかもしれない。

当たり前だと思っていた事が
そうでは無いのだと、
世の中には、色んな病気で苦しんでいる女性がいる
という事を知りました。

同じトラブルで、不安になったり
女性特有の病気ということで
職場や家庭でも1人で悩んでいる人もいることが
想像できました。

由紀さんからも
「自分の体験が同じ不安を持つ誰かの励みになるなら
是非、書いてほしい、自分の記録として残してほしい」

と、ブログに書く事を
了解して頂きました。


由紀さんのこれまでの症状や
診察結果などを教えてもらい
ブログで記録を残していきたいと思います。



あるブログ仲間が、ブログの更新を止め休止しました。

毎日楽しみにしていたのにどうして?と聞くと
「同じカテゴリの人に絡まれるのが嫌になった」との事でした。

彼女の記事はそのカテゴリの中では上位でした。

彼女より上にいたあるブログを抜いてから
その位置は変わりませんでした。

そのあるブログを書いている人が彼女の記事に
絡みだしたそうです。

コメント欄は停止しているので

コメントが荒れるのではなく
その人のブログで

いちいち彼女のブログの内容を否定、批判するようになったそうです。

その人は、プロフィールでは中年男性。

ブログを読むと
「自分は成績優秀だった。有名進学校の出身である。
仕事も能力があり、それなりの位置にいる」という自己紹介に
何ページもつぎ込んでいました。

更に「顔もスタイルも良いのでもてる。」
「彼女は数人いたから、選べたけど、たまたま好みじゃない女と結婚してしまった。
失敗した。」
「ある日、突然妻から離婚を切りだされ、子どもを連れて家を出て行かれた。」

とあり、元奥さんの悪口を延々と書いてありました。

ブログですから
どこまで真実か、全て嘘かもしれません。
macbook1995_TP_V


で、この人が、自分がそのカテゴリ内で順位を抜かれて以来
彼女のブログに興味を持った様です。

彼女が何気なく書いた文章を
翌日自分のブログで取り上げ、馬鹿にし、批判する様になったそうです。
時事の話題を書いても、
「マスコミに騙されている」といちいち否定しています。


私も読んでみましたが
自分の考えが絶対である、
自分以外、特に女は無知という思いこみの強い人の様です。
仕事の事も、
部下がだめな人間ばかり、自分は数人分を1人でこなせるだの
自慢ばかり。
若い女子社員に人気があるとかまで自分で書いてます。

そんな理想的な人っているかなあ。
現実じゃなくて自分の理想を書いている?
と思いたくなりました。

そして、この人のブログには親衛隊みたいなメンバーがいて
この人が何を書いても
応援、ヨイショの嵐。

良くわかっていないのはこの人の方です。

人の考えは人それぞれ自由です。

ほっとけばいいのにと思います。

彼女は、この人のブログを無視していたのですが
同じカテゴリで順位が近くどうしても
目につくとか。
そして書くのが怖くなって
面白くないと言っています。

別のカテゴリにかえるとか
引越す事も考えたらしいのですが

何故、自分が動かないといけないのだと
馬鹿らしくなり
今、休んでいるとのこと。


ネトウヨってこういうイメージがあります。

根底には差別意識が感じられます。

そもそも。自己紹介がね。

そこまで自分を褒めるかな。

俺様は凄いんだ、皆俺様にひれ伏せろ。

という意識の強さから

自分の意見を持った女性などをみると

「女のくせに」「どうせ馬鹿なんだろう」
「俺様の凄さを見せつけてやろう」
と言いたくなるのでしょうか。

そういう事は、匿名のこういう場じゃなく
堂々と、お仕事で認めて貰ったらよいのでは?

いや、優秀でもてる人の様なので
充実した生活で心は満たされているはず。

こんなせこいことは、する気にもならないでしょうし
能力のある方なら忙しくて
人のブログを読んでいちいち意見するほど暇じゃないでしょう。
人気があるそうなので、もっと器も大きい方でしょう。

「もっと良い恋人がいたのに仕方なく結婚してやった」
と言ってた人が、奥さんから突然縁を切られ、孤独になり
さぞプライドが傷ついた事でしょう。

可哀想な人だね。

と彼女と話しているうちに、笑い話になりました。



このページのトップヘ